読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士、生きろ。

~低賃金・重労働。保育士問題のリアルを追う最新レポート~

保育士の「30代の壁」は存在するか。30歳を過ぎて転職した私の場合

保育士 転職 悩み

保育園を支え、周囲のお手本的な存在として、30代の保育士は保育園にとっても貴重な戦力です。

しかし、待遇面しかり、仕事内容しかり、勤めている保育園への何かしらの不満から、転職を検討する30代の保育士は珍しくありません。

保育士の転職、年齢的な限界は?

かつては、「35歳転職限界説」という考え方がありました。

けれども、保育業界に限らず、働く世代の年齢層が上がるにつれて、その考え方も古いものになってきたように感じます。

とはいえ、保育業界の現状は、どうなっているのでしょうか?

今回は、30代の保育士が気になる転職事情を調べてみました。

f:id:mitsushan:20161021195624j:plain

「年齢のボーダーライン」は、保育士の転職でもあるのか

保育業界でも、30代では転職がうまくいく可能性が下がってしまうのでしょうか?

実際に転職活動をしてみた実感から言うと、転職先によって「年齢は関係ない!」というところと、残念ながら年齢が関係あるところと、二極化が進んでいるようです。

なので、「引く手あまたのはず」と求人内容をよく見ずに書類を送ったりするのは、無駄足になる可能性があります。

転職活動を成功させるためにも、しっかり事前に確認しておきましょう。

多くの保育園が求める「即戦力の30代」

保育士不足に苦しんでいる保育園が、近年ではさらに目立つようになったため、保育業界では他の業界と比べても年齢は気にせずとも転職しやすい状況です。今後、さらに保育士の需要は高まっていく見通しであり、30代であっても根気強い転職活動によって、希望する条件を満たした転職先を見つけられる可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、採用する保育園側は、30代の保育士に即戦力として活躍してもらいたいという期待があるため、それに応えられることが、転職を成功させる必須条件です。

 

未経験だけど・・・という方は、未経験歓迎など「即戦力ではなくてしっかりとサポートがある転職先」を選びましょう。

公立保育園の正職員だけは、年齢制限アリ?

希望する条件が、公立保育園の正職員となると、残念ながら30代からの転職は厳しいと言わざるを得ません。

これは、保育園の運営元である各市区町村が、保育士を採用するにあたって年齢制限を設定しているからです。

多くの市区町村では、20代までをボーダーラインとして設定しているようです。

とはいえ、市区町村のなかには、年齢のボーダーラインを高めにしていたり、臨時職員の募集に限って年齢のボーダーラインを設定していなかったりするケースがあります。そのため、30代であっても、まずは希望する市区町村に問い合わせてみましょう。

下記のように、市区町村のホームページに募集が出ている時もあります。

転職活動をスタートするには、何から手をつける?

「勢い任せで転職」することは、30代の保育士にとってはご法度です。まずは、転職活動をスタートする前に、欠かさずにやっておきたいことをみていきましょう。

f:id:mitsushan:20161021195658j:plain

転職時に希望する条件は、優先順位をつけておく

転職活動をスタートする第一歩として、転職したいと思ったきっかけを振り返ってみましょう。

 

キャリアアップしたい」

お給料が安すぎる。もっと高い待遇の保育園で働きたい」

通勤時間を短くして、楽に通えるようにしたい」

ちゃんと休みがとれる保育園がいい・・・」

など、転職を考えるに至った理由を、思いついた順番でかまいませんので、箇条書きにしていきましょう。

きっかけを振り返ることで、自分が転職先に対して、どのような理想を抱いているか第三者的に知ることができるはずです。

 

理由を箇条書きしたら、それを元にして希望する条件について、優先順位をつけていきましょう。

とはいえ、自分の理想をまんべんなく満たした求人に出会えるのは、宝くじに当たるようなものかもしれません。

転職を成功させるコツとしては、あらかじめ「これだけは譲れない条件」と「多少は妥協していい条件」をハッキリさせておくことです。

これに基づいて転職活動をすることで、より理想に近い条件の転職先と出会えるでしょう。

求人サイトや職場見学・説明会での情報収集を積極的に行う

「新卒じゃあるまいし、保育園のウェブサイトをみたりして自分で情報収集をすれば十分!」と思っている保育士さんも多いのではないでしょうか?

確かに今、保育園でも凝ったホームページを用意して、保育方針などを明記しているところはたくさんあります。

でも実は、採用に特化した求人サイトや職場見学、説明会に良いチャンスがたくさん潜んでいることが多いのです。

新しい知識を仕入れていると、面接のときに「キャリア以上に、きちんと知識をもっていて、勉強熱心な保育士さんなんだな」という印象をアピールすることが出来ます。また、企業の説明会に参加することで、その保育園に対する興味度をアピールすることもでき、面接で有利です。

 

また、「制度について詳しく理解できたので、お得に制度を利用することができました!先にはいっていた職場の先輩もしらなかったようで、驚かれました」ということもあるよう。

とくに最近は「引っ越し補助」や「お祝い金つきの求人」など、金銭面ふくめて様々なサポートを行っている企業が多くあります。特に転職サイトの場合、このようなサイトのように2000〜5000円程度のお祝い金をもらえるサイトだったり、転職の相談にも無料で乗ってくれるサービスもあるので、使えるものは使うというのがおすすめです。

なにかとお金と手間がかかる転職活動ですから、有効活用してお得に転職できるようにしましょう。

 

今までのキャリアにとらわれない

「今まで保育園だっから次も保育園!」「幼稚園しか経験がないからそれ以外は・・・」と、これまでのキャリアをみて次の転職先を狭めてしまう保育士さんが実は多いのです。

まだ30代、これからずっと同じキャリアをあゆんでいくのはとってももったいないもの。 いろいろな保育を経験したからこそ、見えるものもたくさんあると思います。

「未経験だから不安・・・」という場合は、面接などで相談してみましょう。もしかしたら今の職場以上に適正のある職場が見つかるかもしれません。

同僚の「噂」にまどわされない

キャリアを積んでいる分、業界内の知り合いも多いのが30代。「この保育園は園長がね・・・」という噂もよく聞きますよね。

しかし、職場の「合う・合わない」は人によって大きくことなるもの。

自分の目でみて判断するのが、良い職場を見つけるコツです。

f:id:mitsushan:20161021195708p:plain

まとめ

経験が積み重ねられてきて、これからのキャリアをどうしようか迷いがちな30代の転職。わたし自身、転職活動をするときに、家庭や自分自身の将来のことなどを考えると、どの道を選択してよいかとっても迷ってしまいました。

しかし、実際に経験してみて思うのが、「とりあえず迷うことについては話を聞いてみる」ということです。

実際にその道を選んだ人や、様々な保育士をみてきた採用担当者などと話していると、自然と「自分はここが合うのではないか」という勤務先が見えてきます。

 

きつい、低賃金、むくわれない・・・など、様々なネガティブな言葉が並ぶ保育士の現場ですが、憧れてなった「保育士」ですから。

もっと自分の仕事に誇りをもてるように。

もっと保育士の仕事を好きになるように。

そんな素敵な職場に仲間の保育士が出会えることを、願っています。